×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遺言書と相続手続 公正証書遺言 遺産分割協議書 相続関係説明図 千葉県佐倉市の女性行政書士佐藤千秋事務所
  行政書士佐藤千秋事務所HOME

千葉県行政書士会会員千葉県行政書士会会員

行政書士佐藤千秋事務所

 
NPO法人設立> 相続関連 >外国人関連

行政書士佐藤千秋事務所HOME

事務所概要

内容証明

NPO法人設立

相続関連

外国人関連

離婚相談

建設業関連

産業廃棄物関連

その他の業務

プライバシーポリシー

サイトマップ

・主な対応地域

四街道市

成田市

八街市

八千代市

富里市

佐倉市

酒々井町

山武市

その他

お元気なうちに遺言作成しませんか!

 遺言は,死期が近づいてからすればいい、とお思いの人がいますが,遺言をしないうちに,判断能力がなくなったり,死んでしまっては,手遅れとなってしまいます。ですから遺言は自分が元気なうちに,大切な人のために,自分に万一のことがあっても残された者が困らないように作成しておくべきものなのです。遺言は残された人々への最大の思いやりです。

 
遺言をした方がよい場合

遺言  夫婦間に子供がいない
 法定相続ですと、夫婦の間に子供がいない場合には,夫の財産は,妻が4分の3,夫の兄弟が4分の1の各割合で分けることになります。しかし,長年連れ添った妻に財産を全部相続させたいと思う方も多いでしょう。そうするためには,遺言をしておくことが絶対必要なのです。兄弟には,遺留分がありませんから,遺言さえしておけば,財産を全部愛する妻に残すことができます。

 遺言  再婚をして,先妻の子と後妻がいる
 先妻の子と後妻との間では,とかく感情的になりやすく,遺産争いが起こることが非常に多いので,争いの発生を防ぐため,遺言できちんと定めておく必要性が特に強いといえます。

 遺言  長男の嫁に財産を分たい
 長男死亡後,その妻が亡夫の親の世話をしているような場合には,その嫁にも財産を残してあげたいと思うことが多いと思いますが,嫁は相続人ではないので,遺言で嫁にも財産を遺贈する旨定めておかないと,お嫁さんは何ももらえないことになってしまいます。

 遺言  内縁の妻
 長年夫婦として連れ添ってきても,婚姻届けを出していない場合には,いわゆる内縁の夫婦となり,妻に相続権がありません。内縁の妻に財産を残してあげたい場合には,必ず遺言をしなければなりません。


 遺言  個人で事業を経営したり,農業をしている場合
 
遺言  上記の各場合のほか,各相続人毎に承継させたい財産を指定したいとき
 
遺言  相続人が全くいない場合    

 遺言書作成

遺言書と相続手続き

 相続争いを防ぐために公正証書遺言をおすすめします。

お問合せ・遺言書(案)・相続関係説明図・公正証書遺言の証人引受・財産目録・遺言執行者受任・遺産分割協議書など、相続に関する報酬等、詳しくは千葉県佐倉市の女性行政書士佐藤千秋事務所までお問い合わせ下さい。

遺言はおもいやり   遺言はおもいやり

 

ページトップへ

 

行政書士佐藤千秋事務所 千葉県佐倉市

お問い合わせ お問い合わせ

内容証明NPO法人設立相続外国人在留資格離婚相談建設業産業廃棄物プライバシーポリシーサイトマップ